過酸化水素の濃度と発色・脱色

ヘアカラーの加水(過酸化水素)の濃度と脱色&発色について
加水は 6%までOKだけど
(たいがいのメーカーは 2・3・4.5・6% どれかの加水を出している)
結構6%の加水でカラーしちゃってるんじゃないの!?
まぁ 色味だけ入れたい時は 低アルカリだったりマニュキュアだったりだろうけど。。。
ほんとにそれでいいの???ってことで
実験開始[E:paper]
ヤク毛を使用してみました。
Img_0331
左から 加水2% 3% 4.5% 6%
N系 9レベル 25分
2%だと ちょっと薄いかな!?
3%~6%まで 変わらんじゃん!
Img_0334
同じ薬剤で 左から 3% 4.5% 6%
う~ん? ハッキリしないな。
なんとなく 右2つ 変わらなくない?
ってことで・・・
Img_0337
ライトナー使用 左から 3% 4.5% 6%
ん! 4.5%と6% やっぱりあんまり変わんない。。。
ダメージのこと考えたら
やっぱ・・・・だね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中